小さな習慣を読んで

小さな習慣とは毎日これだけはやると決めて必ず実行して、小さな成功体験を積み重ねていくということです。

小さいってどのくらいかというと小さすぎて失敗すらできない、バカバカしいほど小さいものでいいのです。

筆者は1日1回の腕立て伏せから、今や30分の筋トレが毎日習慣になりました。

大きな目標を掲げて、モチベーションを保ったり、大きな意思を使うことになると、脳が疲れてストレスもたまり、なかなか継続ができなくなってしまいます。

しかし、小さなものだったら少ない努力や意思で続けていくことが容易にできるようになります。

小さな習慣は続けていくことで大きな成果になるよ!ということでした。

私は、朝5時に起きて1時間勉強するとか、週末は必ず10キロのランニングをするなど大きな目標を立てていました。やはり、いつもの習慣からかけ離れていて達成できなくて、自分はだからダメなんだ、来年こそはと毎年同じような目標を掲げ続けてずっと守れないというのを繰り返していました。

そんな私にこの本は目から鱗が出るような内容ばかりでした。

腕立て伏せ1回とか、本を2ページだけなんてそんな小さな習慣でいいんだ!それなら私も毎日できると思ってしまうほどでした。

私の小さな習慣


  1. 毎日3行でいいからブログを書く
  2. 毎日スクワットを1回やる
  3. 本を2ページ読む
  4. 瞑想を1分やる

行動が習慣になるまでにかかる日数は平均で66日。まずは3ヶ月近くは続けていこうと思います!!

 

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。