SHOWROOM社長 前田裕二さんの密着24時を聞いて

「メモの魔力」の筆者でもある前田裕二さん

今回ラジオのオールナイトニッポンとSHOWROOMがコラボして、

『24時間で1冊の本を作る』という面白い企画を

今朝11月4日の朝5時〜翌朝29時までやっています。

しかも、その本の売り上げを全額台風19号の災害義援金に充てるとのこと。

さらにゲストの方々が豪華で

箕輪厚介さん・オリエンタルラジオ中田敦彦さん・キングコング 西野 亮廣さん

蜷川実花さん、モテクリエイターゆうこすさん・乃木坂46松村沙友理さん です。

私は今朝6時半ごろ目が覚めてTwitterを見て知り、慌てSHOWROOMのアプリをダウンロードし聴き始めました。

その頃には、箕輪さんが帰られる前くらいのところで盛り上がった後でしたので、

最初から聞いていたかったー!!

どうも聞いていると、自分をプロデュースしていくためのプロデュースの民主化をテーマに、

それぞれのゲストの人と話し、まとめて本を作ろうとしている感じ。


まず、箕輪さんはプロデュースにおいて必要な要素は2つあって、

コア(=自分の特異性・異物・ユーモア)市場(世の中が求めること)だと。

確かに売り込める何かをまず持っていなきゃいけないし、自分は気づいていない他人と違うところを気づかないといけない。

そして、それがどんな世代やどんな悩みなどを持った人に向けて、どう発信していけば広まるのか、需要はどこにあるのかを見つけ出さなくてはいけない。


次にオリラジあっちゃんはコアを見つけるまでトライアンドエラーを続け続けることが大事。

コア➡︎市場➡︎コア➡︎市場をひたすらやりまくる。

そうやって徐々に削っていって、尖ったコアとなる。

あっちゃん自身も武勇伝は吉本入ってすぐ出来たものではないと、

大学1年生の時から毎日ネタを書くことをしてて出来たものであるし、

パーフェクトヒューマンも実は6曲目で制作に3年かかっていると聴き、

頭の回転が純情じゃないただの天才だからできることだと思っていたのが覆されました。

実はとんでもないほどの努力家で、粘り強くトライアンドエラーを繰り返して成し得たものだと知り、やはり努力を惜しまず行動し続けることが大切だと感じました。


キングコング西野さんは大事なことは2つで

ありのままではなく工夫をすることと、自分の売り場・ステージを設計することが大事

例を挙げていて、掘り出したままのジャガイモはそのままではある程度しか売れない。

ポテトチップスやジャーマンポテトにするなど手を加えて工夫することが大事と。

また、ジャガイモも八百屋さんではなく野球部の集まる場所でポテトを売るなど、自分を売れる場所を作ることも大事と。

やはりコアとなる部分をしっかり確立しないと長続きはしないし、売る場所を間違えていてもブレイクはしない。そこをしっかり見極めるのが大事なんだなぁ。


と、私が聞いたのは3名の方まででした。

現在(3日0時)に決まっているのは実際売る本の種類は3種類で

PDF版500円、本2000円(送料別)、手作り本 限定10冊 サイン入り10万円

本のタイトルは「ギフトの開け方」

PDF版は放送時間内にSHOWROOMでのみ購入可能です。

ちなみに私も早速PDF版購入しました!

3人の聞いていたところだけでも内容が濃かったー。

個人的にあっちゃんのところは、情報が多すぎて整理が追いつかなかったから文章としてまた復習できるのはありがたい。

他の方々の話している内容も読めると思うとワクワクが止まらない!!

楽しみだなぁ!!!

最後に・・・

番組内で前田さんが小腹が減った時に食べていた懐かしいラムネのお菓子

テレビのプロデューサーも徹夜の際に愛用しているという。

眠くならなず仕事が捗るという、ラムネ最強説が出てました笑

成分はブドウ糖が90パーセントなので即エネルギーになるからですかね!

安いし美味しいしコスパも最強かも笑

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。