タンパク質強化チャレンジ①〜ローストビーフ〜

毎日寒い日が続きますねぇ。

冷え性の私には辛い時期が始まりました。。。
今年こそはしもやけにならないように、筋肉を使って体を活性化するのと、栄養をしっかり摂って代謝を上げるのと、外側&内側から攻めていこうと思います!!

まずは、体を作るのには欠かせないタンパク質を意識してしっかりと摂っていこうと思います!

今日のメニュー (1人分)

・ローストビーフ(160g)丼〜卵のせ〜

・海藻ねばねばスープ

・キャベツ・ブロッコリースプラウト・トマトのサラダ

タンパク質量

牛もも肉100gのタンパク質は約20g

卵1このタンパク質は約12g

30g+12g=42g

1食分にしてはタンパク質多かったですかね〜。

卵は外せなかったし、お肉いっぱい食べて、元気になりたかったからしょうがない笑

レシピ (低温調理 ローストビーフ)

材料

牛もも肉(今回160gと200g)

塩 適量

オリーブオイル (ジップロックに入れてお肉をコーティングできるくらい)

  1. 【下処理】肉の臭みを取るためにお酒で軽く洗って、キッチンペーパーで拭きます。(やらない時もありますが、特に外国産のは臭みを感じるので必ずやってます)
    私は面倒なのでトレーの上でお肉にお酒をかけて、全面につけるのにクルクルひっくり返して満遍なくお酒をつけてます。
  2. ジップロックにお肉、塩、オリーブオイルを入れ低温調理機の水の中に入れる。
    *注意*
    ジップロックの中に空気が入っているとお肉が浮いてしまって、一部生肉のままになってしまいます。(失敗経験談笑)お肉を入れる際、少しジップロックの縁を開けておいて、ジップロックの中にお水が入らないように気をつけながらお肉がつかるところまで入れて空気を抜くようにして下さい。
    お水の中だとしっかり真空を作れます。
  3. 低温調理機の温度を57℃で3時間に設定して、あとは待つだけ✨

完成!!きれいな色合いにできました✨

オリーブオイルを入れることで、お肉の周りがコーティングされて乾燥もせず、プルップルでした!
今まで入れなかったのですが、調理前に入れることで食感も柔らかくなるのでおすすめです!!

ちなみに、卵も温泉卵にしておくとさらにお店に近付きますね!!

オススメ調味料

デパ地下のお惣菜コーナーにある柿安さんが出している、化学調味料不使用のローストビーフソースです!

これをかけるだけで本格的なローストビーフがおうちで食べれます。

これからクリスマスなどイベントシーズンに良さそうですね!

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。