花粉症にビタミンDが効くってホント?

私は花粉症ではないのですが、今年は去年と比べて花粉症の症状が出ている人が多く、より症状も辛そうな人が増えている気がします。

花粉症にはヨーグルトがいいらしいとは聞いていましたが、今回初めてビタミンDが効くらしいと聞いたので気になって調べてみました。

そもそもビタミンDってどんな働きがあるの??

①カルシウムの吸収を助ける

⇒骨の材料となるカルシウムの体内に取り込みやすくするため骨粗鬆症予防になる!!

②免疫系を正常に働かせる

⇒異物(ウイルス・アレルゲン)と戦ってくれるリンパ球などの免疫担当細胞にビタミンDの受容体があり、ビタミンDが欠乏してしまうと免疫バランスが崩れて抵抗力が弱ってしまい、風邪・インフルエンザ・花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息などの発症を引き起こしてしまう。

③細胞に増殖するよう命令を出す

⇒細胞の入れ替えにビタミンDを使うため、美肌をキープするためには必須!!

④メンタルと脳の働きにも重要

⇒記憶力アップなどには必須で、欠乏してしまうとアルツハイマーやうつ病などの発症にも関与すると言われている。

なんとも重要な役割をしているビタミンD!

しかし、残念なことに現代人は太陽の光を浴びる量が少ないので慢性的に不足していることが多いようです。

ビタミンDを補うには?

①太陽の光を浴びる!!

⇒目安として、週2回程度、顔や手足の出ている部分に日焼け止めを塗らず、5分~30分程度浴びる。

②食品で補う!!

⇒サンマ・サケ・しらす干しなどの魚や干しシイタケ・キクラゲなどのキノコ類を摂る。

③サプリメントで補う!!

⇒脂溶性ビタミンのため摂りすぎに注意!1日10000IUを超えると副作用がでる可能性も。

最近の人にアレルギーが多いのも環境などの因子もあると思いますが、ビタミンDも関与してそうだなあと思いました。

私も免疫力アップのためにできる限り外にいる時間を作れるようにしたいと思います!

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。