タンパク質強化チャレンジ④〜低温調理チャーシュー〜

台所にいる時間は少しでも短くしたい。

低温調理機は、材料を入れて置くだけでじっくり調理してくれるし、そばにいなくてもいいので楽チンです✨

今回も、調味液に漬け込んでおいた豚肩ロースを、朝低温調理機の中に入れて、仕事にいきました。

放置できるし、低温でじっくり材料に熱を加えるので、タンパク質の変性が少なく、固くなりにくいのも魅力です✨

まだまだ使いこなせていないので、いろんなレシピを試してみようと思っています!

今日のメニュー

・チャーシュー麺

・キャベツと紫大根とブロッコリースプラウトのツナサラダ

タンパク質量

豚肩ロースは100gで約17g

ツナは1缶(70g)で10g

卵1こで6g

今回豚肩ロースは380gで作ったので、私の分は約150gなのでタンパク質量25g、ツナ缶は20gで約3g。

合計で34g取れました!私の場合ツナ缶まではいらなかったかもなぁ。

レシピ 低温調理チャーシュー

【材料】

豚肩ロース 380g

ネギの青い部分 10cmくらい

おろし生姜 小さじ半分

おろしニンニク 小さじ半分

鷹の爪 1本

八角 1個(あったら入れると本格的になります!)

水 130cc

しょうゆ 50cc

酒 50cc

みりん 50cc

てんさい糖 10g

  1. <漬け込み液を作る>
    鍋に水、しょうゆを入れて火にかけ、みりん、酒、てんさい糖の順に加える。
    おろししょうが、おろしニンニク、スライスした鷹の爪を入れる。
    最後にネギを入れて一煮立ちさせる。(仕上がりは200ccくらいが目安らしいです。私は少し放置しすぎてそんな残らなかったかも笑)
  2. あら熱をとった漬け込み液50ccくらいを豚肩ロースと一緒にジップロックに入れる。(よく揉み込んで馴染ませる。調味液はしっかり熱をとってから、お肉をつけるようにしてください!)
    冷蔵庫で1日〜2日間寝かせる。
  3. 低温調理機の温度を63℃で10時間に設定する。(63℃4時間でもいいそうです)
    温度が63℃になったらジップロックのお肉を入れる。

焼き目を入れるため、フライパンで軽く焼く

断面はこんな感じ〜

プルップルで結構きれいに火が通りました〜!

味もしっかり染み込んでいて美味しいー✨

参考レシピサイトはこちらです。

オススメ調味料

今回はグルテンフリー麺とラーメンスープがあったと思ったのに、まさかのない状態笑

急遽残りのそーめんとうどんでいただきました。

出汁はチョーコーの「飛魚出汁(あごだし)」!!

実家でも使っていて、お蕎麦や水炊きなどを作るときは大体こちらを使ってました。
優しくていいお出汁なんです〜。

これをあごだし:水=1:3で割って、魚介スープとして使いました✨

煮卵もこれを使って作りました!

茹で卵2個に対してこの出汁を原液で小さじ1〜2くらいジップロックで揉み込んで1日寝かせました。

しょうゆ濃ゆくなく、出汁が効いて少し甘味もあるめんつゆです。

年末の年越し蕎麦にもオススメです✨

商品はこちら

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。