手作りジェノベーゼソースでグルテンフリーパスタを食べてみた!

グルテンフリーパスタをいただいたので、週末にパスタを作りました!

いただいたグルテンフリーパスタは


ALCE NERO(アルチェネロ) 有機グルテンフリー・スパゲッティ 250g

です。

原材料が有機トウモロコシ粉と有機米粉のみ。
Amazonでも売ってます。こちら

スーパーでスイートバジルがお安く売っていたので、ジェノベーゼソースに挑戦することにしました!

ジェノベーゼソースの作り方

材料(2〜3人分)

バジル 25g

松の実(なかったらクルミでも) 15g

ニンニク 半かけ

粉チーズ 大さじ1

塩 少々

こしょう 少々

オリーブオイル 50cc

作り方

  1. バジルは軽く水で洗い、しっかり拭いて茎を外す
  2. ニンニクは半分に切って中の芯をとる
  3. フライパンで松の実を香ばしい香りがするまで中火で炒る
  4. ミキサーに全ての材料を入れて、滑らかになるまで撹拌する

レシピの参考にしたサイトはこちら

ジャノベーゼパスタの完成✨

感想

ジェノベーゼなんてオシャレなものは、買うものだと思っていたからこんな簡単に作れるなんてびっくり!

そして、ちゃんと美味しい!いっぱい作ってストックにしておけば良かった!!!

グルテンフリーパスタはというと、普通のパスタと比べると私はモチモチ感や弾力は少なめと感じました。どちらかというと少し粉っぽいような。グルテンに対して罪悪感を感じずに食べれる面ではそれもよし!!笑

あ、決してまずいとかではないです!!クセもないですし。
ただ、普通のパスタと思って食べてしまうと、少し食感に違和感を感じるかもですかね。

いやぁ、お家でカフェ気分を味わえました〜。(ただパスタ作っただけ笑)

早くお店の美味しいご飯をみんなで楽しくお話ししながら食べれるようになるといいなぁ。

よし、それまでテイクアウトに行こう♪

この記事を書いた人

mizue

mizue

臨床検査技師としてクリニックで働いているアラサー女子です。

栄養やアロマに興味があり、栄養コンシェルジュ2つ星と嗅覚反応分析士(サードメディスン)を取得しました。

長生きするなら最期まで好きなことをして、元気に楽しく過ごしたい!
そんな思いで栄養やアロマを使って、日々健康管理を頑張っています。